トップページSecurity > プライバシーマークの取得

プライバシーマークの取得をご提案します

 

プライバシーマークとは?

プライバシーマーク制度とは財団法人日本情報処理開発協会にて運営されている「個人情報保護に関する事業者認定制度」です。

日本工業規格(JIS)のJIS Q15001に基いた審査を行い、該当する事業活動に対して「プライバシーマーク」の使用が認められています。

対象となる個人情報は、入手の経路を問わず、顧客情報以外の個人情報(社員情報・採用情報)等、企業が保有する全ての個人情報が対象となります。

プライバシーマークの使用認可については下記の項目を満たす事が必須となります。
(一部掲載)

  • 通産省の個人情報保護ガイドライン注) 又は業界ガイドラインに準じた C/P(コンプライアンスプログラム=実践順守計画) を定めていること。
  • C/Pに基づいて個人情報の管理が適切に実施されていること。
  • 個人情報を適切に取り扱う体制が整備されていること。
  • 個人情報の管理者が指名されていること。
  • 企業外部への個人情報の提供、取扱いの委託を行う際には、 責任分担や守秘に係る契約を締結する等、個人情報について適切保護が講じられるよう措置されていること。
  • 年1回以上、個人情報の機密保持に係る周知徹底の措置を講じていること。
  • 年1回以上、事業者内部の個人情報の保護の状況を監査すること。
  • 個人情報保護に関する相談窓口が常設されていること。

認証制度(プライバシーマーク等) の申請・取得のメリット

消費者・取引業者より求められているのは、安価な製品ではありません。
この情報化社会の中で、安全に取引できる環境なのです。