トップページSystem > さまざまなソフトを統括する

企業資源計画 (Enterprise Resource Planning)

 

ソフト固有のデータを共存させる

モノが溢れる時代、ソフトウェアも各メーカから様々な種類のものが発売されています。

確かに便利で良いのですが、会計ソフトはAメーカ。販売管理ソフトはBメーカ。在庫管理はCメーカ。など色々なメーカのソフトを利用している企業様はデータの互換性の部分で悩みをもたれてはいないでしょうか。

「販売管理のデータを簡単に会計ソフトへ移したい」
「在庫管理のデータを簡単に販売管理のソフトへ移したい」など…

こういう互換性の取れないデータを統括し、業務の効率化を図るのがERP(企業資源計画)と呼ばれるものです。

簡単な話、ボタンひとつで簡単に何でも出来てしまったりするのです。

  • データを紙に印刷し、手打ちで別ソフトへ取り込んでいませんか?
  • 在庫データをエクセルなどに取り込んでから、別ソフトに移したりしていませんか。

業務の効率化により社員ではなくアルバイトでまかなえる部署もあるはずです。

大規模なERPから、簡単なソフト同士のデータの統合まで承ります。
まずはお気軽にご相談下さい。